皆さんは「メラニン」という言葉をお聞きになられたことはありますか?
おそらく「シミやソバカスの原因になっているモノ」といった程度の知識は皆さんもお持ちになられているかと思います。
ちなみにメラニンとは正確には黒褐色の色素を作る細胞のことであり、その色素こそがシミやソバカスの原因となっているという訳です。
そもそも本来メラニンとは紫外線の刺激から肌を守るために、太陽の光を吸収する働きを持っているモノなのですが、体内のメラニン量が少ないと紫外線が肌の中まで入り込んでしまい、コラーゲンやヒアルロン酸などからできている細胞が破壊されてしまいます。
そうすると当然、肌の水分や弾力が失われてしまうため、肌の方ではそれを防ぐために逆にメラニンの量が増えてしまいます。
実は日焼けした肌が何故こんがり小麦色になるのかといえば、こういった肌の反応が原因だったりします。
また上記させていただいた内容以外にも、不規則な生活やストレスによって新陳代謝が悪くなってしまうとメラニンの沈着は一層激しくなってしまい、シミやソバカスの原因になってしまうので、それを防ぐためにも紫外線をできるだけ浴びないようにするのは勿論ですが、同時に精神的にイライラしない生活を心掛けることも非常に大切みたいですよ。