誰でも若い頃というものはあるし、そして「若い頃」は「自分はこのままずっと若いままでいるような」錯覚をしてしまうこともあるものなのではないかと思います。
それがいつの間にか、自分でも気がつかないうちに肌のはりがなくなってきたりなどの変化を感じてきて、「自分も年をとったなあ」と思うようになるんですよね。
若いうちは気にならないことでも、年をとってくると気になってくることというものも出てくるのではないかとも思いますし。
世の「そろそろ年齢を気にする時期にきた女性たち」が考える共通の関心として「アンチエイジング」というものは存在しているものなのかもしれないなと思います。
できる限りは若く見られたい、というのは、口には出さなくても心の中にある、年齢が気になり始めた女性たちの共通して持っている「願望」なのかもれませんね。
たとえばアンチエイジングについての知識を持って行動するのと、まったくアンチエイジングについての知識がない状態で行動するのとでは、結果が違ってくるかもしれないですし。